メールマガジン

毎週 水曜日に発行しているメールマガジン
『愛と勇気で、ココロの筋肉つけましょう』


あなたに贈る 癒しのメッセージです。
こちらでも読むことができます。



メールマガジンを登録して頂けると
直接あなたの元へ、メッセージをお送りします。

こちらをクリックしてください。

⇩⇩⇩

こんにちは♪

“健康と幸福のためのスピリチュアル”を哲学している

ルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


師走になって、道路も混んできましたね。


最近、近所で大きな事故があったり

身近なところで、交通事故のニュースが多いのです。


私も長距離の移動で、熊本まで通っていますので

車の運転に注意しようと思います。

あなたも、どうぞお氣をつけください。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ
《 トラウマ 》


「傷つくことはありません。

磨かれたのです。

そして自身のたましいまでは奪えません。

それを知っている人は強いのです。」


職場で中傷されて、立ち直れなかったり眠れないこともあるでしょう。


好きだった相手に傷つけられて、復讐したいほど憎んだこともあるかもしれません。


しかし、この経験をどう受け止めるかで

未来の自分が変わってきます。


『過去は変えられる、未来は変えられない』


過去の経験をトラウマとして抱えていると

潜在意識に記憶され、この先ずっとその記憶をベースに

ものごとを見るようになりますから


人を信じられなくなりますし

幸せを感じられなくなります。


過去の延長線上が未来だからです。


けれども今、そのトラウマを癒して

「あの経験があったから、私は成長できたんだ。

傷ついたんじゃなく、少し荒いやすりで磨かれたんだ」


そういう風に見方を変えれば

この先の未来が明るくなります。


過去が変わったことで、未来が変わったのです。


カラダを動かしたり、病氣になったりすると

古い細胞は、捨てられて新しい細胞に生まれ変わります。


以前私は、溶連菌感染症にかかって

40度以上の高熱にうなされて、動くこともできず

顔が、パンパンに腫れあがったことがあります。


こんなに辛くて苦しい経験は初めてでした。


しかしその後、熱が引いて元氣になったとき

私の顔は、赤ちゃんの肌のように

つるつるできれいに再生されたのでした。


「これぞ怪我の功名」

あんなに苦しくて、一時期は恨んでいたのに

病氣をうつしてくれた姪に感謝したぐらいです。


細胞は、カラダを動かし、生きることで

毎日傷つき捨てられ

そして再生しているのです。


カラダの仕組みは、ココロの仕組みと同じです。


ハードなトレーニングをしたら

翌日歩けないぐらい筋肉痛になります。


そして前より強いカラダをつくるのです。


ココロも同じです。

ハードな経験が、ココロの痛みを起こしますが

必ず以前よりも強いココロに成長していきます。



私が潜在意識を癒し、細胞に記憶されたトラウマを癒すために実践しているのが

『ルビー式呼吸法』です。


毎日、マインドフルネス呼吸と書く瞑想を続けることで

新陳代謝が促進されて

カラダもココロも元氣で、光り輝くのです。



2020年1月19日(日)

【ルビー式呼吸法講話会:ステップ1】

を開催します。


カラダの不調やココロの不調など

どんなお悩みにも応用でき、健康と幸福へと導く第一歩です。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

Vol.396(2019.12.4)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

“健康と幸福のためのスピリチュアル”を哲学している

ルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


先週までお届けしていました『セルフセラピーカード』からのメッセージ。

48枚のカードが終わりました。


今日から、江原啓之さんの『ことたまカード』から

私の考察を交えてお送りしたいと思います。


タロットカードのような“オラクルカード”は

自分に当てはめた意味を考えてみると

とても参考になるものです。


私は、毎日数種類のカードを引いて

自分への今日のアドバイスにしています。

新たなメッセージをヒントにしてみて下さい。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ
《 出会い 》


「出会いはあらたなる運命の始まり。

その出会いが善いものか見定めるには、

今あなたが幸せな波長であるか否かです。」


大人になると、新しい出会いは少なくなってきます。


行動範囲が決まってしまうので

いつも知った人とばかり付き合うようになりますよね。


最近、新しい人との出会いはありましたか?


新しい出会いがあったとき

もし、自分の波長が低くてネガティブな状態だとしたら

どうなるでしょう。


友だちに紹介されて、3人でに食事に行くことにしました。

友だちともう一人の方は、楽しそうにおしゃべりしています。


あなたは、ちょっと嫌なことがあったので

氣分転換になるかと思って来てみましたが

二人は、あなたのことなどお構いなしです。


「何で私、一緒に来ちゃったかな」とムスッとしてしまいます。


「これ美味しいよね」などど話を振られますが

味は普通だし、あなたは自分のグチを聞いてもらいたいのに

そんな雰囲気ではないので、スマホを取り出して画面を見ていました。


食事もあまり楽しめずに、解散したのでした。



もしこれが、幸せな氣分のときだったらどうでしょう。


同じシチュエーションで、食事に行きました。

初めて会う方でしたが、とても話が上手なのでついつい笑ってしまいます。


「これ美味しいよね」

「本当、盛り付けもきれいだね」

話しが楽しいと、料理も美味しく感じます。


「ええ~凄い、それからどうしたんですか?」

あなたは興味津々でどんどん質問し、話が弾みます。


女3人で、ワイワイガヤガヤと大騒ぎして

とても楽しく過ごしました。


「ねえ、また会いましょうよ」そう言われ

またぜひ会いたいと思いました。


こんなに楽しい食事は久しぶりでした。


さて、この二つの食事会はまったく同じ状況です。


しかし、自分の機嫌がいいか悪いかで

その出会いが、最高のものになったり

最悪の出会いになったりします。



私が、婚活の相談を受けているとき感じたのは

女性が、幸せな氣分のときは男性は必ず

「次にもう一度会いたい」と思われるのに


女性がネガティブでいると

男性からお断りされるのです。


たぶん、笑顔も消えていたのでしょうね。


『しあわせは いつも自分の心が決める』

相田みつをさんの素敵な詩です。


自分のココロが幸せであれば、どんな人との出会いも

幸せなものになり、そこから新しい関係が生まれて

さらに幸せな日々がつながっていきます。


もし、「ココロの中に幸せな波長なんてないわ」と思われたら

口角を上げて下さい。


口角は、笑っているときしか上がらないので

脳は「楽しいんだな」と勘違いして、ハッピーホルモンを分泌しますし


見ている相手も、口角が上がっていると

笑顔に見えるので、にっこり微笑んでくれます。


カラダが変われば、ココロは変わる!


口角を上げるだけで、ハッピーになれるなら

どんどんやりましょう!

これからの貴重な出会いが、素敵なものになりますように。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

Vol.395(2019.11.27)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

“健康と幸福のためのスピリチュアル”を哲学している

ルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


先週の水曜日、高千穂の荒立神社で

御祈祷を受けてきました。


こちらは、古くからある小さな神社なので

御祈祷は、祭殿の一番奥

ご神体の真ん前で行われます。


しかも、猿田彦神のお面を持たせていただきました。


まるで、神様に直接お会いできたかのような

生まれて初めての経験なので感動しました。

(宮司さんが、神様のような方でした)


また、ここのパワースポットは

エネルギーが強く


その後に行った、幣立神社が広い範囲で低周波だとすれば

荒立神社は、狭い範囲に高周波が流れている感じです。


私の両手は、ビリビリと高周波治療を受けているようでした。


その場所で、簡単な呼吸法をやって

しっかりとエネルギーチャージしましたら

帰宅してからも、自分の意思で手からエネルギーを出せるようになりました。


このパワーが、あなたを癒すエネルギーになるように

今後、調整していきたいと思っています。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ
《 神聖さ 》


人間は、肉体だけの存在ではなく

肉体と魂(スピリット)が重りあっています。


自分もスピリチュアルな存在だと知ることが大切で

あなたは、ありのままで完全なのです。


でも「ありのままってどういう状態?」

「今の私には自信がない、好きじゃない」

という方も多いでしょう。


それはある意味、自分のことがわかっています。


有りのままは、『有るがまま』ということですが

有るがままの魂は、愛情だけの透明な光です。


その愛情の光は、子どもの頃からの記憶によって

『怖れ』の闇で覆い隠されています。


神聖さとは、自分のエゴ(自我)が溶けて少なくなり

天の部分が大きくなることです。


ことわざでいうと『天真爛漫』です。


あなたの中にある

明るく純真で、無邪氣な状態が

飾らず、自然のままの姿であふれ出ているさまです。


しかし、天真爛漫でいることがとても難しく

ココロの中のネガティブ(闇)の部分にばかり意識が向くでしょう。


愛の光を覆い隠す、闇が多ければ

「ありのまま」を感じることはできませんし


自分のことが嫌いなのは、この闇の部分が嫌いなのであって

その奥に隠された、愛の光に氣づかないことが多いのです。


光が隠れて、闇になっている状態と言えば

天照大御神が、天岩戸に隠れたという神話を思い出します。


そのとき、踊りを舞って天照大御神を外に出したのが

アメノウズメノミコトですが


実は、先日参拝した荒立神社は

このアメノウズメノミコトと夫の猿田彦神が祀られているのです。


この二柱の神にエネルギーをいただいてきましたので

私も、舞を舞ってあなたの光を外に出せるかもしれません。


ヨガを使った、カラダの動きや

ルビー式呼吸法が、舞の役目になるように

私も精進していきますので


あなたも、どうか天真爛漫さを思う存分発揮できるように

自分自身をみつめてみてください。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

Vol.394(2019.11.20)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

“健康と幸福のためのスピリチュアル”を哲学している

ルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


今日は、山都町の幣立神社から高千穂の荒立神社へと

御祈願の旅をしています。


初めて訪れる場所で、どんな素敵なことが待っているか

とても楽しみです。


私たち日本人は、神社にもお寺にもお参りする国民で

食事のときも手を合わせるように

信仰が日常になっているために、“宗教”という自覚がないそうです。


イスラム教の人たちが、神様に向かって礼拝をするのを見ると

「信心深いね~」と感心するのに


自分たちが、元日の夜中に初詣に行くことは

「信心深いね~」とは言わないんですね。


これを聞いたとき、ハッとしました。

確かに、こうやって御朱印帳を持って神社仏閣を巡る私たち

日本人は信心深いわ!


*~*~*


今日の癒しのメッセージ
《 無意味感 》


物事にも、自分自身にも

何の意味も感じられないという失望感を味わったことないですか?


頑張れば、必ず報われるとか

きっと誰かが見ていてくれて、自分を認めてくれるだろうという

期待が打ち破られたとき


どうしようもない、無意味感に襲われます。


しかし、ここで投げやりになって

自分の身を粗末に扱うような真似をしてはいけません。


失敗や挫折を経験して、失望し

この世界には何の意味もないと思ったとき


それが、悟りや覚醒に至るチャンスだからです。



エゴ(自我)は、自分自身を甘い言葉で誘惑して

道を外させ、過度な期待を持たせてしまいます。


ダイエットしてきれいになれば

あの人は振り向いてくれるはず とか


これだけ尽くしてきたんだから

会社は評価してくれるだろう とか。



何かを期待しているとき

意識は、他者の評価や他者の助けを期待しています。


けれども実際は、この世には何の意味もないのです。


仏教でいうところの『空』ですね。



自分が努力したからといって

相手のココロが思い通りになるなんてことはありません。


ダイエットしてきれいになっても

彼には、別に好きな女性がいるかもしれないし


どんなに献身的に尽くしても

リストラされたりするのです。


そのことで、他人や自分を恨んでも

何の意味もありません。


意味があるのは、この経験から何を学び

何に氣づくかということ。


表面的な現実世界に振り回されていると

本来の自分、ハイヤーセルフの声を聞くことができません。


「この経験に、どんな意味があるのですが?」

自分の奥深くにいる、本来の自分に問いかけてみましょう。


すると、頭の中に答えが浮かんで来ます。


それが、本来の自分の答えであり

大きな問題解決の答えなのです。


自分自身に質問するときは、ぜひ紙とペンを用意して

出てきた言葉をすべて書き取ってみてください。


思ってもみなかった言葉が出てきたりします。

自分自身と会話することを習慣にすると

ハイヤーセルフとつながりやすくなります。


日記のように毎日やってみると、自分に素直になれるでしょう。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

Vol.393(2019.11.13)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

“健康と幸福のためのスピリチュアル”を哲学している

ルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


今、私がおすすめしている『ルビー式呼吸法』は

健康と幸福のために行う

カラダとココロと魂へのアプローチです。


・呼吸法

・音叉セラピー

・イメージワーク

を、呼吸をしながら行います。


さらにibマッピングを行っていただくと

本来の自分とつながることができ

人生がどんどん好転していきます。


どんな変化が起こるのか?

それは、実践してみなければわかりませんよね。


そこで、11月17日(日)合志市の私のヨガスタジオで

体験会とお茶会を開催することになりました。


即日満員になるぐらい盛況です!

福岡から、わざわざ来てくださる方もいます。


どんなことが起こるか

このメールマガジンでもご報告しますね。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ

《 豊かさ 》


「豊かさ」と聞いて、何をイメージしますか?

豊かさは、単にお金のことだけではありません。


“ココロの豊かさ” もありますし

生活の質も含めた、すべての面において

豊富で恵まれていることです。


そう、豊かさは “恵まれていること” でもあるのです。


「自分で努力して豊かになった」という方もあるでしょうが

努力が実ったのは、自分の力だけでなく

周りの協力があったり、環境が良かったり

目に見えない運が味方したおかげでもあるのです。


豊かさを感じられない方の多くは

自分の力だけで何とかしようと考えたり


周りの協力や、様々なチャンスを

受け取ることを拒否しているのかもしれません。


あなたに『受け取る意志』さえあるならば

ありとあらゆる良いものが、ハイヤーセルフによって与えられます。


もし、何か妨げるものがあるならなら

それは近づきつつある『豊かさ』を隠すためです。


サプライズがあった方が、受け取るときの楽しみが増えますからね。


「もう全然うまくいかない」

と思ったあとに、ラッキーなことが起きて

バッチリ上手く行ったら、普通にできるよりも嬉しくないですか?


このような嬉しい成功体験は、感動し深く記憶に残るので

ハイヤーセルフは、こういう演出が大好きです。

粋な計らいをしてくれるのです。


まずは、ほんの些細なこと

小さなラッキーやハッピーを見つけて感謝しましょう。


「今日は、信号が全部青だったからスムーズに来れた」

「満車だったのに、入り口の前の駐車場が1台だけ空いた」

「雲の形が、龍に見えた」

などなど


自分だけのラッキーやハッピーを見つける習慣をつけて

些細なことにも感謝し、その有り難さを感じるようになると


アンテナが広がって、さらに大きなものを受け入れることができるようになります。


ラッキーやハッピーは

人と比較すると「たったこれだけか」と思ってしまいます。


しかし、幸せをつかむのは

筋トレと同じです。


友人が、腕立て伏せを平氣で20回できたとして

自分が1回しかできないと「たった1回か」と思ってしまいますね。


しかし、その1回を毎日やって、数日後には2,3回できるようになって

続けていたら、10回できるようになって……

と言う風に、続けていくことで筋力がアップします。


カラダをつくることも、豊かさを受け取ることも

エネルギーを集めていくことは同じです。


そう考えると、健康は最高の豊かさではないでしょうか。


ルビー式呼吸法は、この『豊かな健康』を

オーラのレベルまで広げるワークです。


私も、毎日たくさんの豊かさを受け取っています!


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

Vol.392(2019.11.6)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪


“健康と幸福のためのスピリチュアル”を哲学している

ルビーです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


11月に入って、今年もあと2ヶ月となりました。

ここから、一氣に忙しくなりそうです。


たとえば、今年の疲れを一掃するために

大々的なデトックスが始まって

体調を崩すかもしれません。


でも、ご安心ください。

年末年始を前にした、カラダの大そうじですから!


また、行事も多くなるかもしれません。


私は、今週の土曜日11/9と12/1の両日

フラメンコの発表会に出演します。


これも、今年の練習の成果を発表する機会です。

まだまだ未熟ですが、頑張ります^^;


このように、11月は

実りを収穫したり、残ったものを捨てる時期です。


カラダもココロも、環境さえも

そのようなサイクルで動いています。

逆らわずに、自然のままで受け入れてみて下さいね。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ
《 役割 》


あなたは、「良い妻」「良い母親」「良い娘」「良い社員」など

無理して良い人を演じて、ストレスを感じていませんか?


もしかしたら、逆に

「悪い妻」「悪い母親」「悪い娘」「悪い社員」と

本来の自分とは正反対の、悪役を演じている場合もあります。


すべての役割は、あなたの“何か”を証明するためのものです。


その“何か”とは、何か?

役割の下には、罪悪感や犠牲、疲労感や停滞感がありますし

さらにその下には、失敗感があり

もっと奥深くには、死の誘惑があるのです。


このように、無意識は何重にも重なって層になっています。

下にあるものを隠そうと、重ねて重ねて「玉ねぎ状態」ですね。


ですから、この玉ねぎのようにココロを1枚1枚むいていくと

涙が出るんです。


人生において何か困難があるのは

つながりや、コミュニケーションをとるとき

何か行動を起こすとき


“本来の自分”の中から出た行動ではなく

役割の人生を生きているからなのです。


「本来の自分って、どんな自分なんだろう?」

そう思いませんか?


素直で、無邪氣で、可愛くて……

あなたの中に、どんな自分がいるのでしょう?


“本来の自分”こそ、真我であり

ハイヤーセルフなのです。


しかし、ものごころついたときから

私たちは、役割を与えられてきました。


「お姉ちゃんらしく」「女らしく」

「○○家の娘なんだから」

「うちは貧乏だから」「本当にもう、グズなんだから」

「どうしてそんなに頭が悪いの?」


このような言葉は、そのまま役割になります。


親の期待する役割を演じるだけでなく

「貧乏」だと言われれば、大人になっても貧乏人を演じます。


人に言われた言葉や経験が、何層にも重なって

潜在意識をつくり、“本来の自分”を覆い隠しています。


あなたの表面にあるのは、演じている役割ではないですか?


私の行っている『ibマッピング』は

この玉ねぎの層を、1枚1枚むいていくような作業です。


そして、さらにルビー式呼吸法を行うと

この玉ねぎが、むきやすくなって

本来の自分に少しづつ近づいていくことができます。


このようなことは、瞑想やヨガで昔から行われてきたことです。


それを、もっとカジュアルにアレンジして

誰でもココロが救われるようにと願っています。


私自身が、ずいぶんと救われていますから。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

Vol.391(2019.10.30)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

“健康と幸福のためのスピリチュアル”を哲学している

ルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


私はカラダやココロ、魂のことについて

深く考察するのが日課です。


その中で氣づいたことを、このメールマガジンや

ブログなどでシェアするようにしています。


「幸せとはなんだろう?」

「人生の目的って何だ?」

「どうして痛みが治まらない?」


お金について、仕事について、愛情や喜び

平和で安全な暮らし などなど

自分なりの答えを求めているとき


「これって、哲学だよなぁ」と氣づきました。

てことは、私は“哲学者”なのであります(笑)


*~*~*


今日の癒しのメッセージ
《 リーダーシップ 》


「あの人、リーダーシップあるよね~」

という人、あなたの周りにいませんか?


ものごとに対して、先頭に立ってみんなを引っ張ってくれる

頼りになる存在ですね。


リーダーシップとは

『ヴィジョンを持ち、とても魅力があって

なおかつ誠実さを持って状況に対応できる力』です。


誠実さがなければ、ただの暴君ですからね。


リーダシップのある人って

特別な存在でしょうか?


実は、どんな人のスピリット(魂)の中にも

リーダーシップはあるのです。


ビジネスや、スポーツなど

集団の中で使われることの多い言葉ですから


「私なんて、無理です。ついて行くのが精一杯」

と思う方は

もっと身近な、家族や友だちを想像してみてください。



リーダーシップは

『自分の問題よりも、人のことを大切にすること』です。


あなたが、何かで悩んでいるとき

自分を責めたり

罠にはまって、自分のことしか考えられないとき


困惑したり、屈辱心で傷ついているときも

あなたの周りには、もっと助けを必要としている人がいます。


そのときに、自分の問題はさておき

困っている家族や、友人の助けになってあげられる人。


そんな人が、リーダーシップを持っています。



リーダーは、リードする人。

相手が、上手くできるように導く人です。


シップとは、日本語では「あり方」と訳されます。

つまり、家族や友達が悩んでいたり困っているときに

上手くいくように、いつでも助けに行く存在であることです。


カードの絵を見ると『助け舟を出す人』と読むことができますね。

リーダシップは、相手を率いる人というより

いつでも助け舟を出せる人と言えます。



そして、このようなつながりは

どんな大きな痛みでさえ、癒してくれるパワーを持ちます。


あなたが、困っているとき

「どうした? 何か手伝おうか?」と

友だちが電話してきてくれたら

それだけで、嬉しくて癒されませんか?


そして

あなたの中にも、誰かを助けたいという

リーダーシップがあることに氣づくでしょう。


あなたが、悩んでいて苦しいとき

自分に質問してみてください。


「私の助けを必要としているのは誰?」


今そこで、ココロに浮かんだ人のところへ

行って、援助することが求められているのです。


何をすればいのか、わからなくてもいいのです。

ただ、“自分を与えること”


そこで相手とつながると、あなたを妨害していたものが

消えていくのがわかるでしょう。


そしてまた、相手の人を困らせて、進めなくしていたものも消えていくでしょう。

たとえそれが、慢性的な問題や人生最悪の悩みであったとしてもです。

慢性的な問題は、ひとつひとつのレベルごとに解消されていきます。


あなたの助けを必要なのは、誰かを

自分自身に聞いてみましょう。


そして、電話したり、メールしたり、会いに行ったりしましょう。

ココロに浮かぶ人に

愛を送ってあげるだけでいいのです。


もし、躊躇するのなら

それが二人の間にある壁だと思ってください。


その壁を突き抜けて、相手を援助しましょう!


自分の苦しみにこだわるよりも

相手のことを、より大切にするのです。


たとえ立ち上がれないほど 打ちのめされているときでも

人を助けたい、救いたいという願いの方を大切にしましょう。


私たちの霊的エネルギーは、自分のために使うよりも

誰かのために発揮できるようになっています。


誰かのために動いたエネルギーは

相手のことも、自分のことも癒す働きをするのです。


相手を本当に援助したい、相手とつながりたいと思うときに

二人とも、前に進むことができるでしょう。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

Vol.390(2019.10.23)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪


“健康と幸福のためのスピリチュアル”を追求している

ルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


台風19号の被害は、凄まじいものがありましたね。

被災された方には、お見舞い申し上げます。


日本は、災害大国です。

地震や津波、台風や竜巻と

これまで予想しなかった災害が、毎年襲ってくるようになりました。


これを読んで下さっている方の中には

熊本地震で被災されて、大変なご苦労をされた方も多いでしょう。


各地の復興はまだまだですが

少しでも明るい未来を思い描けますように。

お祈りいたします。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ
《 死の誘惑 》


『死』というものには

本来、二つの形があります。


ひとつは、人生の終わり。

避けられない通過点ですが、まるで着ているものを着替えるように

安らかで穏やかなものです。


ヨガで行う “シャバアサナ” は

この安らかな死をイメージするものです。



もう一つは『死の誘惑』です。

疲労感や、大きな苦痛、燃え尽きなどで

「生きていてもしかたない」という氣持ちです。


一見、明るく見える人でも

よくよくお話を聞いてみると

そのココロの奥底には、「早く死にたい」

「生きることが苦痛でしかたない」という方が多いのには驚きます。


この『死の誘惑』は、失望感からの反応なのです。


このような死は、意識的にも、潜在意識的にも

自己破壊的方向へ引き寄せられています。


「今経験している痛みや、疲労感を終わらせるには死ぬしかない」

と感じるのです。


実は、つい最近までうちの夫がこのような状態でした。


多額の借金を抱え、安定した仕事にも就けず

夢も希望もない生活で、不安と絶望ばかり。。。


お酒やギャンブルに逃げて、痛みを紛らわせる毎日で

そして「早く死にたい」が口癖でした。


人間は、生まれてから死ぬまで

常に成長し続けています。


そのときに通る、4つの領域があるのです。

1.安心の領域 2.怖れの領域 3.学びの領域 4.成長の領域


私たちが安心して暮らしていける、カラダとココロと魂の領域

それが、安心の領域です。


しかし、そこに留まっていては成長することはできません。


変わりたくないという、本能に対して

「変わることで成長させたい」という魂の欲求があるからです。


人間は、いろいろな経験を通して成長するために生まれて来たからです。


自分の魂であるハイヤーセルフは

自ら変わろうとしない人に対して

試練を与えて、成長させようとしてきます。


ですから「乗り越えられない試練はやって来ない」というのです。


この様な試練『死の誘惑』を感じているときこそ

状況を見直して、再生を体験するチャンスなのです。


成功者が、どん底から這い上がったサクセスストーリーが多いのは

このような経験が、大きなパワーになっているからです。


人生の失望感を味わっているとき

そのココロの中には『葛藤』があります。


この状態を抜け出すカギは

人生で新しい誕生を迎えようという意欲を持つことです。


新たな誕生は『生』を選択することでやってきます。


私は、頭の中で難しいことを考えるよりも

まずは、無心でカラダを動かすことが大事だと思っています。


私の夫が再生したきっかけは、マラソンなのです。


とにかく無心で、呼吸を続けること

「いきをする」=「いきる」だからです。


ですから私は『ルビー式呼吸法』で

多くの方々が、葛藤や死の誘惑でいっぱいの

“怖れの領域” から一歩踏み出す助けになればと思っています。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

Vol.389(2019.10.16)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

“健康と幸福のためのスピリチュアル”を追求している

ルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


私がヨガレッスンの中で行っている呼吸法は

“横隔膜呼吸法” と呼ばれているものです。


胸式呼吸や腹式呼吸など

呼吸法も様々ですが

どこに意識を向けるかによって

違いが出てきます。


10年以上、この横隔膜呼吸法をやっているのですが

最近は、さらに改良を加えて

“ルビー式呼吸法” となっています。


その特徴は

体調が改善できて、潜在意識とつながる

カラダとココロと魂をメンテナンスできる呼吸法です。


1日たった3分でできる簡単な呼吸を

45日間続けていただくと、様々な変化が現れてきます。


このプログラムを、ネットを通じてやりたい!という方があって

これから進めていこうと準備中です。


私のレッスに参加できない方も

自宅でできますので、興味ある方は体験してみてください。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ
《 ハイヤーマインド 》


ハイヤーマインドは、他に

ハイヤーセルフや、大我などといういい方や

精霊、神などとも呼ばれます。


スピリチュアルな比喩や、宗教によって様々な呼び方があります。

このハイヤーマインドは、高次元の自分自身なのです。


自分の意識の中にいる、もう一人の自分です。

いつでも具体的な状況への癒しや答えを与えてくれるものです。


「ハイヤーマインドとつながっている」と実感できると

物事が楽に、優雅に前に進んでいくようになります。


ハイヤーマインドは、宇宙の恩恵によって働くからです。


生き方を天に任せられるようになると、すべてのことが

楽に、効率的に展開していきます。


苦労する必要がなくなるのです。


エゴ(自意識)は、すべてを困難にしようとする特徴があります。


「こんなに苦労して大変だったけど、それでも頑張って

よく働いているから、自分は良い人間だ」


そう思いませんか?

誰しもそう思っていることでしょう。


実は、この意識は

自分に注目をひき、自分の良さを証明しようとする結果なのです。


天の恩恵は、注目をひくことなど考えていません。

ただ、成果をつくり出すだけです。


ですから、わざわざ苦労なんてしなくても

成功が手に入るのです。


自分で何とかしようと、コントロールしたり

計画したりしなくても、すべてがなされるままに

任せるようになっていくのです。


この方が、自分で計画するよりも

はるかに上手くいくでしょう。


「そんな人生が本当にあるの?」

そう疑問に思われることでしょう。


これは、実際に体験しなければわからないことです。


ヨガの最終目的は、このハイヤーマインドとつながることです。

ヨガでは、ハイヤーマインドのことを『真我』といいます。


私は、このハイヤーマインドとつながるために

『ルビー式呼吸法』をつくり出しました。


今では、私の人生に「苦労」はありません。

すべてが思い通りで、奇跡の連続なのです。


ぜひ、多くの方に45日間連続プログラムを体験していただきたいと思います。

スタートを、どうぞお楽しみに。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

Vol.388(2019.10.9)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

“健康と幸福のためのスピリチュアル”を追求している

ルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


2年前の今頃、福岡で働いていた夫に

長崎県大村市への異動の辞令が出ました。


単身赴任の夫のところへ引越して行った私は

たった8か月で、また引越すことになったのでした。


たぶん来年、また引越しになるでしょう。

今年は、長崎の精霊流しを見に行ったり

諏訪神社のおくんちを見に行ったりと

長崎での思い出づくりをしている私たちです。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ
《 シャドー 》


「こういうタイプの人、大っ嫌い」

そう思ってしまうことは、誰にでもあると思います。


そういうタイプの人のことを

心理学では『シャドー』といいます。


シャドーとは、影のことですが

言い換えれば、影(陰)の自分のことです。


大っ嫌いなタイプというのは

自分にとって、暗くて邪悪なものに見えるエネルギーです。


しかし、このエネルギーは

自分自身の潜在意識中から出てくるのです。


これは、長い間ココロの中に抑え込まれていた

自分の観念であり、自分の一面です。


潜在意識の中には、子どもの頃や過去の経験

両親や祖父母、兄弟などの家族の暗い経験も

一度でも見たり聞いたりしたことは

すべて記憶されていて


それが、観念や価値観をつくり出しています。


そして、自分自身は表面的には

「優しくていい人、けれどダイナミックさがなく

自分を殺している感じの人」という

薄い皮をまとって、もう一方の自分を隠しています。


その下の無意識層には

「ひどく邪険で、残酷な一面があり、冷酷で他人を拷問にかける暴君」

という観念があるのです。


この二面性は、それぞれが

お互いに対して防衛し合っています。


ですから、シャドーも

実際は、自分自身の善の部分

内なる光である、魂(スピリット)の部分を怖れて

防衛しているのです。



例えば

私の夫は、あまのじゃくです。


本当の彼は、純粋で善良な人間です。


しかし、その自分を表に出すことを嫌がって

いつも、冷淡で意地悪な人間

ものごとを真っすぐでではなく、斜めから見るような

ひねくれた性格が、自分だと思い込んでいます。


ですから、真っ直ぐで善良な人

人のために、純粋に尽くす人などを見ると

途端に悪口を言い始めます。


「そぎゃんこつ思っとるわけなか。

腹の中では、金儲けのことしか考えとらん」てね。


人のココロって

本当に複雑ですね。


もし私が、彼の表面の性格だけを見ていたら

とっくの昔に離婚していたでしょう。


彼はバツ2なので

「これじゃ離婚するのは当然ね」

と思うはずです。


しかしそうならないのは

私が、心理学を学び、スピリチュアルを学び


『人のココロの奥深くは、表面の性格だけではわからない』

ということを知っているからです。


そして、誰の魂(スピリット)も

本来は、清らかで美しい純粋なものだと知っているからです。



私たちの潜在意識は

子どもの頃からの間違った暗示によって、抑えつけられ

素直で無邪氣な、本来の自分を

何の防衛もなしに出すことを怖れています。


もし、嫌な人に出会ったとしたら

自分自身に問いかけてみてください。


「あの人の、どこが嫌なの?

どうして嫌なの?」


そうすると

「本当は、あの人みたいになりたくて憧れている」

という氣持ちに氣づくかもしれません。


これでひとつ

潜在意識が癒されたというわけです。


こんな作業を、ひとつずつ繰り返していると

シャドーに出会わなくなりますので

ココロに平安が訪れますよ。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

Vol.387(2019.10.2)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

“健康と幸福のためのスピリチュアル”を追求している

ルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


早いもので、今年もあと3ヶ月となりました。

新米や、果物など美味しい秋の収穫とともに

あなたの実りを味わい、分かち合うのがこの時期です。


どんなことが達成できましたか?


もし、不作だったと感じるなら どうしてでしょうか?

ちょっと考えてみませんか。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ
《 成功 》


成功するということは

何かを達成したと感じることです。


ところが、何をやっても

「私なんて、まだまだよ」と

自分の成功を喜べない人がいます。


謙遜されているのかもしれませんが

自分自身を承認できないのかもしれません。


自分を認められない人は

他人も認めることができません。


そして、嫉妬の感情へとつながってしまうのです。


まずは、自分自身のやってきたことを認めましょう。


実績の大きさや貢献度なんて氣にせず

『やりたいことをやれた』という喜びを受け取りましょう。


それが、自分へのギフト(贈り物)です。


あなたが成功すると

「成功しても良い」という許可を

人にも与えることができます。


当たり前に、炊事・洗濯・そうじして

なんの楽しみもなかったとしても


「いつも美味しいご飯をつくってくれてありがとう」

「洗濯してくれて、そうじしてくれて助かってるよ」


と言われると、嬉しくなってきませんか?



あなたが普段、何氣なくやっていることは

必ず人の役に立っています。


誰も言ってくれなくても

自分自身に言ってあげましょう。


「私、いつもありがとう」


自分に言葉のご褒美をあげましょう。


そして、素直に受け取ってみてください。

素敵な成功を味わえますように。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

Vol.386(2019.9.25)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

“健康と幸福のためのスピリチュアル”を追求している

ルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


誰でも、多少なりともお金の悩みを抱えていると思います。

私もそうです。


結婚して、一番もめるのは「価値観の違い」


私は、夫の“お金と時間の使い方”には、口を出さない。

と決めていたのですが、それはただ

言いたいことをガマンしていただけでした。


自分自身のココロの深い部分と向き合って

潜在意識にある、過去のできごとや両親、家系の記憶を癒したら

お金との関係が良くなって、夫のストレスが解消されたのでした。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ
《 主導権争い 》


「このやり方の方がいいよ」

無意識に、自分の正しさを主張してしまうことってないですか?


相手のために、良かれと思っているのですが

実は、相手のやり方に不満があり

自分のやり方を通すことで、自分の欲求を満たそうとしているのです。


私の場合、夫のお金の使い方に不満がありました。

もちろん、夫も私にグチグチ言ってきます。


そもそも、価値観が違うのですから

それを自分の思い通りにしようとすると主導権争いが起こるのです。


世界中のもめ事も、家庭内も同じです。



例えば

夫や子どもが、洗い物を手伝ってくれました。


よく見ると、茶碗にご飯粒がこびりついている。

油汚れが落ちないで、全部がべたべたする。

よくすすいでいないので、泡が着いたまま。


そんなとき、どうしますか?


「もう!!(。-`ω-) やるならちゃんとやってよ」

そんな風に怒ったりしませんか?


「もういい。自分でやり直す」

そう言って、全部洗い直したりしませんか?


これが、家庭内での主導権争いの一つです。


こうなると、売り言葉に買い言葉

「大変そうだから、せっかく手伝ってあげたのに……

もう、二度とやらない!!ふん。」

とケンカになり、誰も助けてくれなくなってしまいます。


このときのお母さんの心理には

“台所” という聖域を守っているのは私で

夫や子どもごときが、ちゃんとやれるはずがない。


私の存在を証明したい。

こんな潜在意識があるんですよ~~


この潜在意識を癒してあげると

『私は、主導権を主張しなくてもいいんだ』ということがわかります。


そして

「多少の不満はあるけど、洗い物してくれたことに感謝しよう」

と思えるようになると


「洗い物してくれてありがとう。

これ、触るとまだ汚れが取れてないでしょう。

こうやって取るときれいになるよ。

今度は、こういう風にやってみて」

と、発する言葉が変わってくるのです。


すると相手も

「へぇ~そうなんだ。今度からそれやってみよう」

となって、お手伝いをしてくれるようになるのです。


これって正直、根氣のいる作業です。

自分でちゃちゃっとやった方が、早いですから。


でも、家族で分担して協力し合うのを

リードするのは、お母さん(奥さん)が一番上手なのです。


うちの夫も、最初は何もしない人でした。


けれども、仕事をしている私が 家事全般を一人でやるのは大変です。

そこで、根氣よく夫に教えてきました。


今では料理も自分でつくりますし、

後片付けは、私よりも早くてきれいです(笑)


毎年、自分でらっきょうを漬けたり、いちごジャムをつくったり

ワンランク上の仕事をするように成長したのです。


おかげで、私は大助かりで感謝しまくりです。



主導権は、争うものでもなければ

押し付け合うものでもありません。


そうなってしまうと、相手と向き合っていなければならず

前を向くことができないのです。


パートナーとの関係は

それぞれが、前を向くことです。


あなたが、前進したならば新しい理解に到達するでしょう。

すると、敵に見えていたパートナーも

自動的にあなたと一緒に、次のレベルに上がれるのです。


ここで、新しいレベルでつながると

二人の欲求がどちらも満たされるでしょう。


これが、パートナーシップの原則です。


片方のパートナーが一歩前進するとき

お互いが、その恩恵を受け取るのです。


男性は、なかなか自分を変えようとしません。

それは、ホルモンがそうさせるからです。


女性は、柔軟性があり、変化に対応できる特性があります。


前進するのは、まず女性。

それに伴って、パートナーが変われば

家族の運氣が上昇するのです。


ですから、女性は“幸運の女神”になれますし

誰でも、内側に女神性を持っているのです。


その女神性が開花するように

「健康と幸福のためのスピリチュアル入門」という

このホームページで、その秘訣をお伝えしています。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

385月号 (2019.9.18)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

“健康と幸福のためのスピリチュアル”を追求している

ルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


カラダやココロのことを学び、研究していると

最終的には、目に見えない霊的エネルギーや

魂のことに行きつきます。


日本には、昔から精神論や根性論がありました。


今は、「そんなの古い」と言われますが

実は、精神論や根性論は、スピリチュアルなのです。


ただ、スポーツの世界では

本当のスピリチュアルを学ばずに

「根性出せ! 氣力で乗り切れ!」と

自分のやり方を押し付けるコーチや監督がいるのです。


そのような軍隊式のトレーニングと

精神力が混同してしまっているのは残念ですね。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ
《 つながり 》


人と人とが “つながる” ことは

スピリチュアル的にも、とても大事なことです。


つながりは、ココロがつながり

魂がつながるからです。


最近では、人付き合いが面倒だったり

苦手だということで

つながりを断って、孤独でいる人も多いようです。



人とつながるのは

『二人三脚』と似ています。


同じ方向を向いて、一緒に歩いていても

ペースがバラバラだと、転んでしまいます。


相手がもたもたしていて

自分の足を引っ張られるとイライラします。


自分が転んでばかりいると

相手に迷惑をかけてしまい、自己嫌悪で落ち込みます。


「もうイヤだ! 一人で歩いた方が早い」

そんなことはわかっています。


しかし、二人で呼吸を合わせてリズムを合わせて

「イッチニ、イッチニ」と

一歩ずつ進んで、目標を達成した時に


カラダもココロも魂も、この上ない達成感と多幸感を味わうのです。


これは、一人ぼっちででは味わえないご褒美なのです。


結婚も同じです。


晩婚化が進み、氣がつけば

信頼できるパートナーも

腹を割って話しができる友人もいない。


そうなってくると

罪悪感や無価値観、怖れ、痛みのオンパレードで

知らず知らずのうちに

カラダも不調が続き、病院通いの日々なのです。


健康で幸福でいるためには

『つながり』がとても大切で

カラダとココロの特効薬だと思っています。


パートナーとのつながりは、特に大事です。

人生を共に歩むと決めた、愛の戦士だからです。


人とのつながりで大切なことは

与えること、統合すること、許すこと、受け取ること、信頼することです。


相手に氣を遣うことが、つながりではありません。


お互いに

時間やチャンスを与え

バラバラになったものをまとめ

過ちを許し

氣持ちを受け取る

そして信頼し合うこと。


そうすれば、人生は楽しく幸福で健康になれると思いますよ。


私自身が、このようなことを研究し

実践することで

とても幸せに暮らしています。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

384月号 (2019.9.11)


*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*

こんにちは♪


フィットネスセラピストのルビーです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


私は、去年の10月からフラメンコを習っていまして(;^ω^)

来る、11月9日に発表会があるのです。


これまでとは、まったく違うリズムや動きで

思うようにカラダが動かずに、とても苦戦しています。


フラメンコって、単純に振り付けを覚えて踊るというものではなく

内側から湧き出る情動によって、カラダが動く……


そんな感じなので、

体験してみて初めて


「私って言われたことを真面目にやるだけの人間なんだな」

とつくづく感じています。


さて、どうなることやら。

とりあえず、練習しなくっちゃ。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ
《 隠れた自己 》


さて、あなたの中には何人ぐらいの人格がいますか?


「そんな! 多重人格者じゃないんだから、一人に決まってるでしょ」

そう言われると思います。


しかし、あることをやろうとする時

反対する氣持ちが現れませんか?


たとえば、私はフラメンコの発表会のために

練習もしなくちゃいけないし


もっと軽やかに動くためには、ダイエットもしたい。


それが、表面意識(顕在意識)です。


ところが、そう思えば思うほど


「わかっちゃいるけど、練習って面倒くさいよね」

「ダイエット? するする!明日から。いいじゃんこれぐらい食べても」


自分の中に抵抗勢力がいることに氣づきます。


ちゃんと練習したり、ダイエットもしたい私と

何かと誘惑に負けて言い訳ばかりする私。


これで二人です。


それ以外にも、よくよく観察していると

ちょっと違う角度から、理論的に説明してくる私や

やらないことで、自己嫌悪になって落ち込む私など

いろいろな人格がいるようです。


実は、私たちのココロの中には

何百もの人格があるのです。


その人格は、それぞれが別々の方向に向かって

幸福を求めています。


その中に、いつも邪魔してくる問題児がいるのです。



しかし、この“隠れた自己”=“隠れた私”は

悪氣があるわけではありません。


ある部分で、全体の私を助けようとするのですが

そのやり方が効果的でなく

破壊的なことが多いのです。


つまり、せっかく上手くいくところを

なぜだか、ぶっ壊してしまい、ダメにしてしまうのです。


そうなると、目標を決めても達成できないばかりか

自分自身を責めたり、自信をなくしたりします。


では、どうすればいいでしょうか?


まずは、『自分の中にたくさんの人格がいる』ということを

受け入れて下さい。


頭の中に浮かんでくる声は

一人の私ではなく、数人の私のそれぞれの意見なのです。


ですから、聞き流さずに

一人一人の意見に耳を傾けましょう。


できたら、紙とペンを用意して質問しながら書き出しましょう。

私と反対の意見を持つ“隠れた私”に聞いてみます。


「私が今までのやり方を続けたらどうなると思う?

3ヶ月後、6ヶ月後、1年後にどうなっていると思う?」


私の中の抵抗勢力である“隠れた私”は

今よりもっと悪化している答えを出してくるでしょう。


たとえば、お金の悩みがあるとします。

このローンを返済しないと、生活が苦しいままなのに

ついついムダ遣いをしてしまう。


貯金もできない。

表面意識の私は、ローンも返済しながら

少しづつ貯金したいから、節約しようと思っている。


しかし“隠れた私は” 飲み会の誘いを断れない。

新しい洋服が欲しくなる。

家計簿をつけようとすると、邪魔してくる。


こんな状態ですから、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後はどうなっているでしょう?


目的を達成するためには

“隠れた私”にも手伝ってもらわなければ

自分で自分の足を引っ張ることになるのです。


“隠れた私”が、私と一つになり

一緒になって働けば、目標は達成できますし

さらに大きな希望が湧いてきます。


ココロの中で、迷いや葛藤があるとき

それは、表面の私と “隠れた私”の意見が食い違っているからです。


それぞれの意見を聞いて、一つになるようにしてみてください。


こんなとき、役に立つのが

ibマッピングです!!


今後、『お金に愛されるワークショップ』や

セミナーも開催したいと考えています。


私の中の“隠れた自己”が、邪魔しないように

私自身が、毎日会話を続けています。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

383月号 (2019.9.4)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*

こんにちは♪


フィットネスセラピストのルビーです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


9月に入り、今年も残すところあと4ヶ月となりました。

今年の実りを収穫する時期が来たようです。


あなたは、今年

何を得ましたか?


まだ、何も達成していなかったり

充実感を味わえていないならば

この2ヶ月ぐらいで、収穫してみてくださいね。


実りの秋ですから!


*~*~*


今日の癒しのメッセージ
《 神の子 》


“神” というものを、あなたがどのように理解していたとしても

私たちは、『神の子』です。


私は、“神” を

霊的エネルギーの集合体ととらえていますので

その霊的エネルギーの、一部が私だと思っています。


例えるなら

空に浮かぶ、大きな雲が霊的エネルギーの集合体です。


そして、そこから落ちてくる

雨粒が私たちの魂。


その1滴が私で、いつかまた雨粒は

また天に昇って、雲になります。


私たちは、この世に生まれて

いろいろな体験をしながら

成長し、人生を謳歌するチャンスをもらいました。


そのすべては、魂に記憶され

また天に昇って、集合体の記憶となります。


多くの人たちの記憶が、集約されていて

雲は、巨大なコンピューターのようになっています。


何か問題にぶつかったとき

ふとアイデアが浮かんだり

助けてくれる人が現れたりするのは


雲からの情報が送られてきて、解決策が与えられ

あらゆる束縛からも解放されるのです。


これは、コンピューターのクラウドシステムと

同じだと考えるといいと思います。


ですから、問題が起きたとき

雲(クラウド)から情報を引き出してくるように

“神” という、見えないエネルギーに

助けを求めてもいいと思うのです。


こちらが求めなくても

助けはやってきます。


ところが、受け取れない人もいるのです。


親が、無条件に子どもに愛情を注ぐように

霊的エネルギーの集合体である、神は

親のように、無条件に愛情を注いでくれるのです。


無邪氣な子どものように

その愛情を受け取りましょう。

そうすれば、喜びと幸せが手に入りますよ。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

382月号 (2019.8.28)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*

こんにちは


フィットネスセラピストのルビーです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


長かった夏休みも終わりに差し掛かり

お子さんたちは、宿題もラストスパートでしょうか。


私が学生の頃は、宿題を全部完成させたことは一度もありませんでした。


思い出して見ると、子どもの頃の方が、適当だったなぁ。

大人になるにつれ、「ちゃんとしなきゃいけない」という

見えないプレッシャーに押しつぶされそうになっていました。


今は、“いい加減”を目指しています(笑)


*~*~*


今日の癒しのメッセージ
《 無価値観 》


「私は何の役にも立たないから……」

そんなことを言われる方がいます。


自分は役に立たない人間だという思い、無価値観は

無意識の中心的な感情です。


この無価値観は、罪悪感と密接に関連しています。


では、無価値観や罪悪感は、いつ頃

どのようにして持つようになったのでしょう?


私たちは、生まれてから、ものごころつくまでは

「可愛い、可愛い。いるだけで大事な存在」として

家族に愛されていたと思います。


その後、3歳ぐらいから自分の思い通りにしたいと

自我が目覚め始めると

親は、自分の思い通りに行動してくれない子どもに

イライラし始めます。


「早くしなさい。もう!グズグズして!!!」


「静かにしなさい」バチッと叩いたり。


「勉強しなさい。ちゃんと勉強しないから○○番でしょ」


このような言葉や仕打ちは

すべて、記憶されます。


何度も何度も繰り返されると

長期記憶となって、体中の細胞に記憶されていくのです。


その体内の細胞記憶は、表面には出ないように

深い深い意識の奥底『潜在意識』となって

存在しつづけます。


そして、その潜在意識が

観念や価値観となって

自分の思考や行動の、指針となっているのです。


本来の自分らしさという“センター”から外れ

他人のために、犠牲的な行為をするようになります。


私たちは、無価値観を感じたくないと思っています。

その結果、実用的でよく働く人になります。


自分が、単なるお飾りではなく

役にたつところを「証明」しようとするのです。


ところが、こうやって自分の価値を証明しようとしても

何の見返りも受け取れません。



たとえば、恋愛関係では

自分の氣持ちや、意見を言うことができずに

男性の言いなりになってしまい、都合よく扱われてしまう女性。


相手に、自分の価値を証明しようとして

尽くして、尽くして

結局、捨てられたり


単なる浮氣相手として、都合よく扱われたりする場合があります。


このような女性は、話を聴いてみると

子どもの頃に、厳しく育てられ

自分は価値のない人間だという風に

潜在意識に暗示を刷り込まれているのです。


言い方を変えれば

魔法使いに、魔法をかけられ

お城の中に閉じ込められている状態です。


あなたが、助けに来た王子様だとして

美しい姫が

「このお城から出してもらうためには、何でもします」と

物乞いをして来たらどうでしょう?


ちょっと興ざめしてしまいませんか?


命の危険を冒して、ドラゴンと戦わなくても

姫は、自分の方から言いなりです。


そうなると、王子は助けるどころか

姫をお城に閉じ込めたまま

ときどき遊びに来ればいい。ウシシ。

となるわけです。


恋愛だけでなく

結婚してからも、パートナーに軽く扱われますし


職場でも、都合よく使われて

知らず知らずのうちに

自ら、追い込まれていくのです。


今、テレビで放映されている

「凪のお暇」というドラマは

このような状態だと思えます。


自尊心がなければ、

人に大切にしてもらうことはできません。


私たちの中心には『平和で純粋無垢』な魂があります。

その魂を傷つけたり、冒されたりしないように

自尊心が守っています。


自分のセンターにある、自尊心を取り戻すには

細胞に記憶された「無価値観」を取り除いて

潜在意識を癒す必要があります。


細胞記憶や潜在意識を癒すために

どうしたらよいか?


私は、そのためのヨガを指導しています。


そして、さらに自分と向き合うために

ibマッピングが良いと思って、実践しているのです。


ヨガは、ダイエットや健康法だという考え方の人がほとんどですが

本来のヨガは、センターへつながるための方法です。


そして、センターにいるとき

大我やハイヤーマインドと呼ばれる、大いなるエネルギーとつながり

偶然とは思えないような、シンクロニシティ―が

次々と起こって、人生が大きく変わるのです。


そのときは、もう

自分を価値のない人間だとは思わなくなっているでしょう。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

381月号 (2019.8.21)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*

こんにちは♪


フィットネスセラピストのルビーです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


夏休みも後半ですね。

お盆の期間に、夫の息子君が大村に泊まりに来てくれました。


少し氣をつかいましたが

甥っ子のような感じで、とても楽しく過ごせました。


男の子って、ゲームばっかりで

親たちがヤキモキしている氣持ちが

少しわかったような氣がします。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ
《 恵まれた才能 》


私たちが不幸なのは

自分が、豊かな天分に恵まれているということに

氣づいていないことです。


最大の才能が、最大の“怖れ”の下に埋もれていることが多いのに

ほとんどの人は知りません。


もちろん、私自身も同じです。


大きな問題が起こったとき

私たちは、問題に氣を取られてしまい


また、その問題を怖れるあまり

逃げ出そうとしてしまいます。


本当は、その問題というのは

才能を開花させるチャンスなのに!


「自分に解決できない問題はやって来ない」

といいます。


その問題が起きたということは

あなたに、問題を解く才能や

機会、資質があるということです。


そのことを認め、受け取ることができれば

もう、問題は解決したも同然。


絶対に無理だと思えたことも

スルスルと、天の計らいのように解決します。


みごとに、あなたの才能が開花するのです。


この才能を受け入れることで

自信が湧き上がり、いろいろな出来事を

簡単に処理できるようになるのです。



私の問題は

お金に関する悩みです。


独身のときは、一人で解決できるレベルですが

結婚したことで

夫婦単位で、協力して問題に取り組む必要が出てきました。


すると、話し合って

お互いの意見を尊重する必要があります。

たとえば、マイホーム。


独身のときは、到底考えられなかったマイホームの購入も

結婚して、家族ができると

30年以上の長いローンを組んで購入にチャレンジします。


夫婦が協力し合って、家計をやりくりしなければ

完済というゴールまで到達できないでしょう。


夫婦が、一緒に走る二人三脚のフルマラソンのようです。

30年という長い期間には、大小の問題が起こるでしょう。


その時々に

相手の才能に氣づき

その才能を認め、活用できたとき


一人のときには、想像もできなかった

大きな問題も解決できているのです。


ちなみに、わが家は転勤族なので

マイホームは、夢のまた夢。


まだ、お互いの才能を十分に発揮できていないのかもしれません。


これからどんな問題が起きて

どんな才能が開花するのか……


それを観察するのも、人生の楽しみです。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

380月号 (2019.8.14)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

フィットネスセラピストのルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


お盆で帰省されたり

家族を迎えたりして

お忙しいことでしょう。


出費もかさばりますね (;^ω^)


*~*~*


今日の癒しのメッセージ
《 コントロール 》


子どもさんやダンナさんに

何でも任せられますか?


仕事でも

自分でやった方が早いから

大変だけど、全部やってしまうことってないですか?


“できる人”って

コントロールしてしまう人が多いのです。


コントロールは、自分や人を信頼することへの怖れです。


「失敗したらいけない」

人は、失敗を怖れていると同時に

成功をも怖れているといいます。


「いいえ! 成功させるためにコントロールするのです」

そう思いませんか?


私自身、夫をコントロールしようとしていることに

氣づきました。


お酒を飲み過ぎて、体調が悪いと言えば

禁酒させようとしたり


パチンコで散財してしまうので

給料は全部取り上げて、おこづかいも少なくしたり……


これじゃダンナも、ストレスたまる一方です。


しかし、私は

「彼のためを思ってやっています」


本当に彼のためでしょうか?


彼を管理下に置いて、縛ることで

自分が安心しようとしているだけでした。(反省)


『自由』というのは

他からの強制、拘束、支配を受けないで

自らの意思や本質に従っていることです。


ということは

私は、夫から自由を奪っていたことになります。


本当の自由とは

人が管理するのではなくて


自分で規範、ルールを作って

それに従って暮らすことです。


規範とは、行動や判断の基準、手本のこと。

好き勝手し放題を自由というのではありません。


自らが決めた規範を守り、達成すること

それが、成功につながります。


コントロールは、この成功も奪ってしまうのです。


では、なぜ 

成功も奪ってしまうのにコントロールしたくなるのでしょうか?


それは、夫が成功すれば

私の手柄がなくなるからです!


「おかげで助かったよ、ありがとう」

と感謝されることがなくなる恐怖があるのでした。


よくよく夫を観察してみると


お酒にしても、自分の限度を守っていますし

会社では、飲酒検査がありますので

ルールを守っています。


健康診断でも、問題はないのに

私は、心配するあまりに

コントロールしようとしていたのでした。


夫のことを心配するつもりで

潜在意識では、信頼していなかったんですね。(笑)


私の深層心理もわかったので

夫を信頼して、見守ることにしています。



次に、お金の問題です。


お金の問題については、難しいところがあります。

お金の話をするのはタブー視されている傾向がありますからね。


私たち夫婦も、お金の使い方を 面と向かって

じっくり話すことができませんでした。


実は、お金のもめ事で離婚する夫婦って

けっこう多いんですよね。


そこで、私自身の「お金に対するメンタルブロック」を

外すトレーニングをすることにしました。


夫をコントロールする前に

私が、自由になろうと思ったからです。


45日間やってみたところ

とても効果があり、お金についての話が

スムーズにできるようになったのです!


そして「お金の話はタブー」という価値観からも

自由になれました。


お金のことについては

これからもライフワークにしていきたいと思っていますので

【健康と幸福のためのスピリチュアル入門】で

私の体験や、考えを

これからもシェアしていきたいと思っています。


興味がありましたら

ぜひ、読んでみてください。


こちら

【健康と幸福のためのスピリチュアル入門】

https://ruby-mp.amebaownd.com


コントロールをする方も、される方も

自由を失い、ストレスがたまっていきます。


相手が自ら、規範をつくれるようにしてあげて

自分ルールに基づいて、楽しく達成できるように

見守ってあげれば

お互いが安心と信頼を受け取れると思います。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

379月号 (2019.8.7)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

フィットネスセラピストのルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


人間のカラダを、遺伝子レベルから健康にしてくれ

副作用のない特効薬は “笑い” です。


某お笑いの企業が、笑いを忘れて揉めていますね。


その発端になったのが

反社会勢力からギャラをもらっていないという

『ウソ』からでした。


人は、保身から都合のいいウソをつくことがあります。


すぐに「ごめんなさい。ウソついてました」m(__)m

って言えたらよかったのに……


*~*~*


今日の癒しのメッセージ
《 真実 》


真実とは、正しさでしょうか?


今の世の中、フェイクニュースや

思い込み、誘導などが多く

真実が見えにくい状況です。


もう一度、『真実』について考えてみましょう。


真実とは、人間関係においての 

“破ることのない約束” だと思います。


私が、ひとつウソをつけば

あなたは、私を信用できなくなるでしょう。


私の言うこと、すべてがウソに思えてしまうからです。


真実があることによって

安心して、相手との人間関係を築くことができます。


ウソをつく方も、自由を奪われます。


ウソのつじつま合わせをしなくてはならないので

次から次へと、ウソを重ねてしまうでしょう。


『真実』は、シンプルです。


真実によって、ストレスや偽善から解放されます。


真実は、他人に対してだけでなく

自分自身に対して、誠実でいることにつながります。


そうすると

すべてのことが、喜びへとつながるのです。


真実は、ときに

自分が描いている幻想を突き刺すので

居心地が悪いこともあります。


私の場合、夏になって

水着でビーチに立っている姿を想像して、氣持ちよくなっていると

“鏡” という真実が、目を覚まさせてくれます(笑)


おかげで、大きな痛みや幻滅にあわずにすみます。

(水着姿を人目にさらさずに、恥をかかなくてすみます)


真実は、私たちを前に導き、道を示してくれるのです。

(とりあえず、隠すなり、やせるなりしろ! と)


他人に対しては、真実の人でも

自分に対して、本音を隠して

真実から目を背けてしまうことが多々あります。


何か、痛みやみじめさがあるとき

喜びに満ちていないとき


『真実』を求めましょう。

『真実』を選びましょう。

『真実』を愛しましょう。

『真実』が、あなたを解放し

光を自由をもたらしてくれるでしょう。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

378月号 (2019.7.31)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

フィットネスセラピストのルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


夏真っ盛り!

子どもさんたちは、夏休みで

お母さん、おばあちゃんはお忙しいことでしょう。


うちは、夫婦二人ですので

夏休みに出かける行事もなく

ただただ、暑さをしのいでいます。


梅雨になれば

「早く夏にならないかなぁ」と思い


夏になれば

「早く涼しくならないかなぁ」と思う


人間って、わがままですよね(笑)


*~*~*


今日の癒しのメッセージ
《 観念 》


“私たちが世界をどう見るか”

見方を決めているのが『観念』です。


観念によって、あなたが何を見るか

どんな振る舞いをするかが決まります。


たとえば

女性だから「料理ができなきゃいけない」

男だから「働いて家族を養うのが当たり前」

こういうことも観念からきています。



自分で意識している観念もあれば

潜在意識下で、無意識の観念もあります。


過去からの固定した考え方で

自分の世界を形作り

行動に影響を与えるものを

『固定観念』と言いますよね。


実は、観念そのものが

固定観念なのです。



身のまわりに起きることはすべて

“それが起こるだろうと信じる”観念があるから

起きるのです。


それが起こり得ると信じる観念がなければ

何も起こりません。



「どうか失敗しませんように」と

一生懸命お願いしても


すでに「失敗する」という観念があるから

それが起こらないように願っています。


そして、失敗すると

「あ~あ、やっぱりね」となるわけです。



失敗などの否定的な状況だけでなく

肯定的な状況からも、観念は生まれます。


私たちは、ある出来事が起きた結果として

ごく一般的な決断をします。


そして、時が経つにつれて

そういう考え、決断は自然に強化され

『観念』が作られるのです。



親や家族から愛されて育った人は

「人は、話せばわかってくれるだろう」

「何かあったら、助けてくれるだろう」

という観念を持っていますし



親や愛する人から拒絶されたという

「解釈」や「判断」を経験すると

「自分は人から拒絶される人間だ」

という観念ができていきます。



そのせいで、家族や友人、上司や恋人から

拒絶されるのではないかという、怖れを持っていたり


さまざまな形で、そのことが行動として

現れるでしょう。


常に他人の顔色を見て

拒絶されないための行動をとってしまう。


自分の氣持ちよりも

他人の氣持ちを優先してしまう。


そんなことはありませんか?



観念は

「愛」「人間関係」「健康」「お金」「男と女」

などのあらゆる分野で起こり


その数は、何千個にものぼるかもしれません。


もし、自分の持っている観念によって

苦しい思いをしているならば


『古い観念』から自由になるために

新しい選択をしましょう!



ネガティブな観念を手放して

ポジティブな観念を選択する勇氣が必要となります。


そうすれば

新しいレベルでの ポジティブな解放感と

成功が訪れることでしょう。


あなたの中に

「しなければいけない」という観念があると


それが、ポジティブなことであっても

「しなければならない」ということが

期待感になり、自分に要求してしまいます。



そうするとあなたにとっては

犠牲的な行動をすることになってしまうのです。


私は、フィットネスの仕事と

ヨガ教室が大好きです!


毎週、大村から熊本まで約4時間かけて通っています。


先日大雨の影響で

レッスンを休講にすることにしました。


私には

「仕事だから、行かなければいけない」

という観念があります。


「仕事なら、多少具合が悪くても無理して行くものだ」

という状況で働いていたので


休講することに、とても罪悪感を持っています。



しかし、それでは

生徒さんたちを信用していないことになります。


休講の連絡をすると

皆さん快くOKしてくださり

「先生大丈夫ですか? 氣をつけてください」

と心配していただきました。


大好きなレッスンを、私が万全の状態で

氣持ちよく行えることの方が大事ですし

皆さんは、それを待ってくれていると実感しました。



この世は『観念』の世界です。


私たちは、成長してより高いレベルの観念を持ちます。


やがて、観念や想念などをすべて超越し

ストレスがなくなってくると


毎日が楽しく、充実して

ココロから幸せを実感できることでしょう。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /
377月号 (2019.7.24)
*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*

こんにちは♪
フィットネスセラピストのルビーです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

今週から、水曜日にお邪魔します(*^^*)

今年もあっという間に7ヶ月が過ぎようとしています。
何か嬉しいことありましたか?

私は、今年
自分のココロの状態が大きく変化しました。

これまで不安に思っていたことが
氣にならなくなって
前向きに考えられるようになりました。

すると、嬉しいことが
たくさん訪れるようになりましたよ。

あなたにも、何かヒントになりますように。


*~*~*

今日の癒しのメッセージ
《 喜び 》



喜びとは
願望を実現した結果、得られるギフトです。


あなたに、受け取る意志があるならば
『喜び』という恩恵は、あなたのものになります。

けれども、氣をつけなくてはいけなのは
“期待しない” ということです。


期待は、幸せを壊します。

何かを期待すると、その何かを受け取るのが
当然だと思ってしまい
喜びは生まれないばかりか

その何かが得られなかったとき
失望や怒りが湧いてきてしまいます。


たとえば
誰かのために、手を貸してあげたとしましょう。

それは、時間やお金、労力などです。

「相談がある」と言われて
何時間も相談に乗ってあげたとします。

ところが、相手は感謝してくれませんでした。

すると、ドッと疲れが出て
「私は何だったのか?」
という氣分にさせられます。


なぜなら、相手が
「ありがとう、あなたのおかげでスッキリした。
悩みも解決したわ」

こんな、感謝の言葉を待っていたからかもしれません。


期待を手放すのは
とても難しいことです。

特に『誰かのために役にたちたい』という氣持ちには

『役に立って、感謝されたい』
という深層心理があるからです。


誰かのために、役に立つことよりも

“誰かを手助けするのが好き。
感謝されなくても、自己満足で幸せ。”

そう考えると
手助けできたことで、喜びが生まれ
自分自身が満足すれば、幸せなのです。


相手の反応を期待する必要はありません。

ということは
どんなことも、自己完結できるのです。

あなたの『喜び』は
人にも移っていきます。

『喜び』は、癒しをもたらし
息苦しい世界に、息吹きを与えてくれます。


あなたの人生を味わい、楽しみましょう。

きっとあなたは
『喜び』で満たされることでしょう。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

376月号 (2019.7.19)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

フィットネスセラピストのルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


毎週、金曜日に配信していますこのメールマガジンを

来週から

毎週水曜日の配信に、変更させていただきます。


私の、スケジュールの都合による変更です。

どうぞよろしくお願いいたします。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ
《 セクシャリティー 》


ここでいう“セクシャリティー”とは

愛とコミュニケーションの表現です。


最近は、男女の性別や

LGBTなどの性差別をしないように

表面的に氣をつかうことも多いようですが


もっと根本的に

“性” の持つ魅力や表現力に意識を向けると


新たなレベルの生命力や

自然さ、愛に 氣づくと思います。


性とは、染色体のパターンで

DNAや遺伝子の集まりが、染色体です。


ということは

“男・女” という前に

『個性』である、DNAの集まりが染色体です。


女性の中にも、いろいろな個性があり

男性の中にも、いろいろな個性があり


この二つが合わさって

セクシャリティーの、純粋無垢さや

表現、自然さ、性的結びつきが生まれます。



年を取ってきて

ホルモンの分泌が変わると

性的な魅力に意識を向けにくくなります。


私は、女性らしさを失い

家の中で、おっさん化している始末。


夫も、細かいところばかり氣になって

口うるさいオバサン化して

すっかり男女逆転状態です。



男性も女性も

自分の男らしさや、女らしさに自信をもって

遊び心や魅力を高めていくことが

必要なのでしょうね。


そうなると、人間的魅力にあふれてくることでしょう。

「女らしくあらねばならない」

というのではなく

「女でよかった。女って幸せ」

と思えると素敵ですね。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

375月号 (2019.7.12)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

フィットネスセラピストのルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


これからの時期、湿気や暑さで

防衛体力(免疫力)を消耗し、バテやすくなります。


エネルギー源として、お勧めは

『酢酸』……お酢です。


お酢を使った料理を、上手に取り入れて

バテないカラダをつくりましょう!


*~*~*

今日の癒しのメッセージ
《 暗いストーリー 》


ドラマや映画を観たり

小説やマンガを読んだりして


そのストーリーに感動したり

共感することも多いですね。


あなたの人生も、ひとつのストーリーです。


あなたのストーリーは、幸せな物語ですか?

それとも

不幸の連続で、ネガティブなシナリオでしょうか。


もし、あなたが無意識に描くシナリオが

暗いストーリーだとしたら


それが、人生を動かしたり

悪影響を与えているかもしれません。


私たちが語っている、主なネガティブストーリーは

次のようなものです。


・悲劇 ・罪悪感 ・復讐 ・殉教者 ・メロドラマ

・悪夢 ・被害者 ・ハートブレイク ・はぐれ者

・自立(孤立) ・怖れ ・かんしゃく


あなたは、何かしらこのような『暗いストーリー』の

罠にはまっていると感じることはありませんか?



実は、私は

『被害者』というストーリーが

潜在意識の中にあるのを見つけました。


自分が持っているものを

他人に奪われるという被害者です。


苦労して貯めた貯金を、夫のために使い果たした

母の苦労が、私の人生にシンクロしています。



私の潜在意識は、どうしてこのようなストーリーを

書いているのでしょう。目的は何だろう?


ここで見つけ出したのは


被害者になることで

弱い自分を認めなくてよい、


相手を批判して、責めることで

快感を与えられる。


ということに氣づいたのです。



このストーリーの見返りとして

私が得られるのは


「自分の罪悪感を隠すことができる」のです。


私は、父とよく似ていて

ラクして一攫千金を狙いたいというところがあります。


ネットワークビジネスに手を出して

貯金をすべて使い果たしたりしていました。


ろくに勉強したり、情報収集せずに

人の口車に乗せられて

大損させられた、父の浅ましい氣持ちが

私の恥となっています。


けれども、私の中には

この父と同じ血が流れていて


とても共感できてしまうし

それが、罪悪感となっていたのです。



このストーリーから目を背けてしまうと

せっかくの才能やチャンスを

見つけられずにいるでしょう。


このシナリオを、悲劇で終わらせずに

親子二代の、冒険ストーリーに書き換えることもできるのです。



私たちは、お金のことについて

よくわかっていません。


年金問題や、消費税が上がることに

ヒヤヒヤして、被害者になることに怯えています。


ですから、もっと経済の仕組みを勉強して

情報収集することで


それを、私の冒険の武器にすれば

怖がらなくて済みますし


こんな素晴らしいチャンスをくれた

両親や、私の夫に

感謝したいぐらいなのです。



目の前に起こっていることは

事実ですけど


本当は、潜在意識が見せている

“幻想” なのだということに

やっと氣がつくことができました。



ですから、自分の潜在意識を癒してあげれば

その幻想を、ネガティブなものから


ポジティブなものへと、変換することができます。


「まぼろしぃ~~~」(笑)と

自分に言い聞かせて、魔法を解いてあげると


先ほどの私のシナリオのように

不幸だと思っていた日常が

学びの毎日だと氣づくのです。



このおかげで、最近大きな出費が続いたり

夫がパチンコで負けて帰って来ても

動じなくなりました。笑


このようなココロのストレスが

体調不良の原因の90%を占めています!



カラダのケアだけでなく

ココロのケアも同時に行えるように

私は、フィットネスセラピーを行っているのです。


さらに、音叉メソッドをプラスすることで

潜在意識を癒して、改善に向かうレッスンも好調です。


個人レッスンの依頼も入ってくるようになりました。


カラダとココロをほぐして

人生がポジティブなストーリーになるように


愛と喜びと平安で満たされる

素晴らしい毎日になりますように


レッスンや、このメールで

あなたのお役に立てれば 幸いです。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

374月号 (2019.7.5)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪


フィットネスセラピストのルビーです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


梅雨に入ったと思ったら

たいへんな豪雨になりましたね。


あなたのお住まいは大丈夫でしたか?


まだ、危ない場所も多いでしょうから

お出かけの際は、お氣をつけください。



*~*~*

今日の癒しのメッセージ
《 執着 》


執着って、自分では氣がつかないものだと思うんです。


他人から見たら、ゴミのような

つまらなく見えるものでも


本人してみたら、大事な思い出の品とか

数年前の年賀状が捨てられないとか……



執着とは

「過去の欲求に執着すること」


そして

「前進することへの怖れ」を表しています。



今、私は

『お金』について、潜在意識を書き換えるために

いろいろな試みをしています。


しかし、ここに必ず出てくるのが

“執着” です。


お金であまり苦労したことがない人は

お金に対しての執着も少ないんですよね。



子どもの頃、「うちはお金がない」と

ずっと聞かされて育つと


「私にはお金がない」という

暗示が刷り込まれ


無意識にその通り、お金で苦労する道を選びます。


不思議ですよね~


そして、次第にチャレンジすることよりも

守ることにエネルギーを費やして

結果的に、動かなくなるのです。



お金も、カラダも

循環しているエネルギーの一部です。


停滞させていると、氣がよどんできますので

カラダは熱を出しますし

お金は、不本意な方法で離れていくのです。


潜在意識が、停滞をふせぐために

「発散」させようとするのです。


執着の反対は、手放すことです。


手放すのは、“捨てる” のではなく

自分以外の誰かのために、使ってもらい

循環させると考えてみてください。



プレゼント交換のように

丸い円になって、隣の人に

あなたの体力や知恵、愛情とお金を使います。


すると、反対側の人から

同じように、プレゼントが回ってきます。


中身は、それぞれ違います。

それが個性ですから。


そうやって循環していれば

失う恐怖や、前進する恐怖はなくなり

常に満たされたココロになると思うのです。


年齢が上がれば上がるほど

過去に執着することが多くなり


捨てられないものが増え

新しいことに、チャレンジすることができなくなります。



『毎日1つ、何かを手放す』とか

『新しいものを買ったら、1つ手放す』

というのが効果みたいですよ。


ぜひ、お試しください。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

370月号 (2019.6.7)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

フィットネスセラピストのルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


今日は、私の結婚記念日です。

入籍してから7年が経ちました。


ずっと昔から知っているので

「まだ7年か」という感じです。


彼とは “過去世” からの付き合いのような

氣さえしているからでしょう。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ

《 過去世 》


あなたの人生のパターンで

「どうしていつもこんな目に遭うのだろう。

前世に何かあったんじゃないかしら?」

なんて思えるようなことはありますか?


前世を信じていない方は

夢物語だと思ってください。


なぜなら、夢は

現在に起こっていることの比喩だからです。


現在抱えている問題も

潜在意識や魂が起こす、比喩なのです。



マンガやドラマ、映画なども


人生に起こるトラブルや

その解決方法などに

比喩(心理学ではメタファーといいます)

を盛り込んで


人々にメッセージを送っていることが

たくさんあります。



ここで言いたいのは


「過去世で抱えていた感情的な痛みや
罪悪感、恐怖心の大きなかたまりが
現在の問題の根っこにあるかもしれない」

ということです。



たとえば

現在、辛いことや根に持っていることがありますか?

ココロの中が癒されていない感情です。


表面的には「もう忘れた」といいながら

ことあるごとに思い出し

くやしい氣持ち、悲しい氣持ちになることです。


この感情は、完全に癒されたわけではなく

ただ、ココロのタンスの奥に隠していて

表面に出て来ないようにフタをしているに過ぎません。


もし今、あなたが亡くなったとして

肉体やお金などの、物質は

あの世に持って行けませんが


魂の中には、感情はエネルギーとなって

ずっと残っています。


いわゆる「怨念」というヤツです。

怖っ!


感情エネルギーは、

悔しかった記憶だけでなく


嬉しかったこと、感動したこと

愛した氣持ちなど

すべてを魂に記憶するのです。


ですから、過去世で生きたあなただけでなく

あなたのDNAに関わっている

親戚一同、みんなの感情エネルギーも

遺伝しているわけです。


ということは

今あなたが持っている感情を

そのままにしていると


あなたの子孫に、そのまま引き継ぐことになりますし

未来に生まれ変わる“未来世”のあなたに

大きな影響を与えることになります。


『因果応報』というものです。


過去世が信じられない場合は


あなたの両親や、祖父母の経験と

今のあなたの経験を照らし合わせて


似たような人生パターンがないかどうか

似たようなトラブルがないかなど

思い出してみてください。


私は、今抱えている問題が

私の両親と、同じパターンをたどっていることに

氣づきました。


「どうしてそうなるのか?」

と考えたとき

今度は、母方の祖父母の歴史を思い出しました。


戦中、戦後に苦労した祖母の

悔しかった感情や、悲しかった感情などが想像でき

その強い念が、母にも伝わり

私にも伝わっているように思えるのです。


もう亡くなった祖母の問題ですから

今さら解決することはできません。


けれども、残っている感情を想像し照らし合わせて

それを癒す方法を見つけると


「おばあちゃん、あの時こう考えたらよかったのにね」

と思えて

私の氣持ちが治まるのです。



自分自身のココロの整理って

なかなかできません。


しかし、他者の感情なら

「こうすればいいのに」と

客観的に見ることができます。


ドラマや映画のメタファーも同じで

他人事だから、いいアイデアが湧いてきます。


実は、それこそが

自分へ向けたメッセージなのです。


過去世や両親の記憶だけでなく

夢や、ドラマなど

あらゆる媒体をつかって

あなたを癒そうとしてくれています。


ふと思いついたら

癒しのチャンスです。

ぜひ向き合ってみて下さい。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

369月号 (2019.5.31)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

フィットネスセラピストのルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


令和に湧いた5月も終わり

明日から6月ですね。


そろそろ梅雨に入ります。


湿度が上がると、カラダが重かったり

腰痛が出たりする方もあります。


体内の水分を排泄するように

汗をかくような運動をしてみましょう。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ

《 真実の愛 》


”真実の愛”とは

好きとか嫌いといった情愛だけでなく


生涯共に癒しあい

愛しあい、学びあう

理想のパートナーのことです。


深い信頼関係の上にある

愛情だといえます。



真実のパートナーにふさわしい人とは

一生の間に

何人も出会うのが普通です。



今、あなたに求められているのは


今のあなたの人生にいるその人

または

これから会おうとしている人に


ココロを開いて

勇氣をもって積極的に関わることです。



嫌われたくないからと

本当の自分を見せられなかったり


相手がひどい人でも

ついつい見ないようにしているのは


真実の愛とはいえません。



真実のパートナーは

すべてをあるがままに受け入れることが大事だと

氣づかせてくれるでしょう。


しかし真実の愛に出会うことが 

目的ではありません。


そこからが始まりなのです。



人間関係で成功するために

あなたが学ぶ必要のあるレッスンは

たくさんあります。


年を取ったからとか

結婚したから終わりではないのです。


真実の愛は、深まり続け

成長しつづけます。



魂のふるさとを目指す

深くて遠い、パートナーシップの道です。


このような人間関係をもてた方は

幸運で幸福です。


神様からのギフトなのです。



真実の愛を知るためには

自分自身のコンプレックスや

過去の記憶を癒す必要があります。


私は、これらのことを体験し

今、本当に幸せだと感じられます。


あなたもどうぞ

真実の愛で、幸せを実感できますように。


こんにちは♪

フィットネスセラピストのルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


春の運動会シーズンですね。

暑い中、練習する子どもさんたち

がんばって楽しい思い出をたくさん作って欲しいですね。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ

《 自立 》


大人になったら、ちゃんと自立して

一人で生きていけるようになるものだと思っていました。


しかし、ココロの自立は

そういうものではないようです。


私は去年、仲人として

婚活を支援しようと、いろいろな方に声をかけ

お話を聞きました。


皆さん、親から独立して

仕事している、40代50代の女性です。


仕事もして、しっかりしていて

楽しく暮らしているから

すぐに結婚できるんじゃないか


そう思っていたのですが


自立している方のココロには


『感じることや、受け取ること

自分を与え続けるという決意や覚悟を怖れる』


という潜在意識があるのです。


自立とは、孤立だと言った方がいいですね。

孤独の中にいる状態です。



結婚したくてもできない

恋人もいないという方は


ココロの奥深くに、そういう問題を抱えていることが多いのです。



自立している人ほど

親密になることを怖れ


無防備な状態で人から受け取ることを怖れています。


傷つきたくないんですね。


それは、過去に傷ついた経験

ハートブレイクや嫉妬が

癒されていないからです。



自立することによって

昔の辛い感情が、また湧き上がってくるのを恐れ

自分を切り離そうとしているのです。


そうなると

感じるという能力がすべて失われてしまい

ポジティブな感情も感じられなくなっていくのです。



自立の中心にあるのは

人とのつながりが不足していることと


他の人へ自分を与え続けるという決意や覚悟が

欠けているということです。


自立している人は

自分にも人にも厳しくなる傾向があります。



恋愛や結婚を通して

人と深く付き合うということは

楽しいことばかりではありません。


お互いのダメな部分も与え合い、受け取り合って

補っていくものです。


そのような経験を通して

愛というものを実感していくでしょう。



自立して、他人との距離を取った状態で

お見合いや紹介をしても


「食べ方が嫌い」

「服装がダサい」などと


いろんな理由をつけて

先に進むことから逃げている方が多いこと。。。



結婚にこだわる必要はありませんが


本当に幸せな人生をおくるためには

まずは、自分を見つめなおし

自分自身とつながることが必要です。



自分自身の欲求や感情を受け入れることを

学ぶことができれば


人の欲求や感情からも逃げ出さずに

受け入れて応えることができるでしょう。



自立から卒業して

真のパートナーシップと相互依存の関係になると


親密感やつながり、ふれあいのある

豊かな人生が始まるのです。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

367月号 (2019.5.17)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

フィットネスセラピストのルビーです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


沖縄地方は、梅雨入りしましたが

九州は、真夏日が続きます。


この時期にも熱中症は起きますので

油断しないように、お氣をつけくださいね。


といっても

水分の取り過ぎで、むくみや疲労感が出る

“水毒症” という症状もありますので

水分の摂りすぎも注意が必要ですよ。


ご自分の、体質や体調を

いつも観察して、予防するようにしてくださいね。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ

《 信頼 》


あなたは、自分自身を信頼していますか?

自分のカラダを信頼していますか?


カラダは、決して間違えません!


たとえ病氣であろうと

体調不良であろうと


それは、自分の細胞や命を助けるために

行っていることなのです。



ところが、病氣になったり

痛みが出たりすると


「膝が悪い」

「病氣と闘う」


などと、自分自身を敵に回してしまいがちです。



ネガティブなものごとに 信頼を置いてあげると

最善の方向に変化します。


症状や痛みに信頼を置き

じっくり意識を向けるようにしてみましょう。



たとえはじめは上手くいかなくても

状況は好転します。


『信頼』は癒しです。


子どもさんを心配するあまり

お金や時間の使い方

交友関係などをコントロールしようとしませんか?



旦那さんが浮氣するんじゃないかと

携帯電話をチェックしたり

根掘り葉掘り質問したりしませんか?



このように、家族や他者を

コントロールするのは


“自分を守るための防衛”です。



信頼することは

コントロールを癒します。


そして、安心が得られるのです。


人に任せたり、頼んだりしなきゃいけないとき

「大丈夫だろうか? 自分でやった方が早いし

確実だけど……」と心配になります。


失敗したらどうしよう。

思ったような結果が得られないかもしれない。



自分や他人が傷つかないように

すべてを自分の手に 握りしめていたい

という欲求があっても


『信頼』が癒してくれます。


「きっと大丈夫」

「もし何かあっても、対処できる」


自分や他人を信頼すると

バランスと自信が回復します。



『信頼あるところに成功あり』なのです。


まずは、自分のカラダを信頼しましょう。


そして、家族を信頼し

周りの人も信頼しましょう。


さらに、見えない力

大いなるスピリッツ(神様)を

信頼していれば

なんとかなるでしょう!


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

366月号 (2019.5.10)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪


フィットネスセラピストのルビーです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


長かったゴールデンウィークも終りました。

疲れが出ていませんか?


普段の生活のリズムと違うと

カラダは、ストレスを感じます。


ストレスは刺激ですから

元の状態に戻るまで、静かに過ごしていれば

以前よりも、カラダは強くなります。


骨折や、運動した後

以前よりも骨や筋肉が太くて強くなるのと同じです。


5月の中旬ぐらいまでは

回復期だと思って過ごしてみてくださいね。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ

《 裁き 》


裁き(ジャッジメント)は

深い自分のココロが隠されています。


相手を裁くとき

自分への非難が、他者に対して投影されたものなのです。



テレビで「芸人さんが不倫しているのではないか」と

ニュースになることが多いですね。


そんなときのコメンテーターは

問題だとみなす人から距離を置いて

それより自分が一段高いところから裁いています。


必要以上にムキになって

厳しい意見を言う人もいます。


こんなとき、裁いている人は氣づいていませんが

そのココロの下には

抑圧され抑制された、罪悪感が隠れています。


人が誰かを批判する原因はそこにあります。



そもそも、本当に無垢で罪のない人は

何も裁いたりしないものです。



もし、あなたが

人を非難したり、批判したりしていると感じたら


そのとき責めているのは

自分の過去であって

相手のことではないと 氣づいてください。



もし氣になるなら

自分の過去を振り返って

同じようなことがなかったか

見つめ直す時間を持ちましょう。


そして、今とは別の見方をしてみてください。


自分が、何に抵抗しているのか氣づけば、

抵抗する氣持ちの下に

問題が隠れているのがわかります。



そして、自由になりたいのなら

許すこと、または

裁きを手放すことです。


あなたが裁きを下さなくても

「神様が裁いてくれる」ぐらいの氣持ちで

“大いなるもの” にゆだねましょう。


「悪いことした人には、神様のバチが当たる」

と思っておけば

あなたは自由になれることでしょう。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

365月号 (2019.5.5)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

フィットネスセラピストのルビーです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


令和元年、第1号のメールマガジンです。


新天皇とともに、新しい時代が始まりました。

そんなスタートにピッタリの

メッセージをお贈りします。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ

《 平和 》



平和とは、対立のない状態のこと。


自分の存在の中心にいて

誰にも振り回されることなく


自分にも、周囲の人々にも

対応できる状態のことです。



自分のココロが平安でないとき

あなたは、どんな状態でしょう?


たぶん、他者に影響されているときです。



そんなときは、

自分自身の、本当の氣持ちよりも


周囲の期待に添うように

本心に蓋をしたままでいるかもしれません。



そうなると、葛藤が生まれます。


この葛藤が、ストレスになって

ネガティブな結果を招くことが多いのです。



すべての幸福や愛情

豊かさは『平和』から生まれます。



よく「平和ボケ」と言われたりしますが


本当の平和とは

退屈でも、昏睡状態のようなものでもなく


実は、ワクワクする元氣になる体験であり

恩恵や楽しみや、つながりで満ちている状態なのです。



あらゆる良いことが生み出される

活発な土台……それが『平和』です。



令和という元号には


「明日への希望とともに、日本人一人ひとりが

大きな花を咲かせることができるように」


という願いを込めて決定したそうです。



その土台となるのが

国の平和であり

一人ひとりのココロの平和ではないでしょうか。



平和で安心できる、社会や環境という

大地があって

愛と希望の光が、降り注ぎ

その結果、花を咲かせることができます。



ですから、私たちには
『愛と希望と平安』がとても大事な要素なのです。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

364月号 (2019.4.26)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

フィットネスセラピストのルビーです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


いよいよ、長い連休に入りますね。

あなたは、どんなことをして過ごしますか?


この時期は、緑や草花がきれいです。


しかし、自然に触れないことから起こる

“自然欠乏症” から

さまざまな現代病が起こっていると言われています。


この期間は、ぜひ

自然のエネルギーを浴びるましょう!


日光浴、森林浴や温泉浴

潮干狩り(海水浴)

などなど

いろんな種類の自然を満喫してくださいね。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ

《 試練 》


試練とは、あなたが今いるステージから

次のレベルへ行くための


大きなチャレンジであり

新たな意識レベルへ

飛躍するチャンスです。



たとえば、受験。


学生のとき、上の学校へ進むために

受験勉強をして、試験を受けて

進学したと思います。



このような、試練が

大きなものから、小さなものまで

数多くあなたに降りかかってきています。



あなたは、受験するとき

自分で行きたい学校を決めたと思います。


親や教師の意見もあったでしょうが

最終的に決めたのは、自分です。


同じように、試練というのは

自分自身が作った、チャレンジなのです。



ですから

『乗り越えられない試練はない』のです。


予期せぬ試練がきて、失敗してしまうと

それを悲劇だと感じます。


あまりにもひどい痛みに

生きるか死ぬかの状況にもなりかねません。



人生で築き上げてきたものが

すべて失われてしまうようなこともあるでしょう。



『試練』の体験は

古い自分の“死”です。

それは、過去の自分を捨てること。


それによって、まったく新しいレベルに

前進することもできるし

そこでつぶれてしまうこともあります。



試練に失敗すると、その痛みを

奥深くに埋め込んでしまいがちですが


そこから、何かを学び

次のチャンスで合格して

状況を変容させて


成功の見返りを受ける機会は

何度でも訪れます。



もし、何度やっても

「もうダメだ」というときは


『困ったときの神頼み』

ということわざの通り


大いなるものの導きを求めることも大切です。



けれども『神頼み』とは

安易に宗教に頼るものではありません。



神は、あなたの中心に存在します。


あなたの中心に戻り

あなたを通して

天の恩恵が降り注がれることをお願いしましょう。



そこで、効果的なのが

“瞑想” です。


私が行っているヨガは

どんな状況でも

自分の中心に立ち返り

自分の内側から来る、直感力のレベルを上げるための

瞑想の練習です。



カラダの中心軸を、骨や筋肉で安定させ

その中心に呼吸によって、エネルギーを注ぎ込みます。


そうして、すべてを

『ゆだねる』ことが

大いなるものへ ゆだねることにつながるのです。



この方法で、私自身が

さまざまな試練を乗り越えてきました。


そして、今の幸せにとても満足しています。


長い連休も、自然のエネルギーを

カラダにいっぱい浴びながら

ゆったりと深い呼吸をして

瞑想してみてください。


きっと、あなた自身の試練に合格できますよ。



/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

363号 (2019.4.19)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

フィットネスセラピストのルビーです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


この時期、花粉や黄砂、PM2.5など

空氣が汚れていて

アレルギーに苦しんでいる方も多いでしょう。


呼吸が浅くなると

さらに症状が悪化しますので

深く呼吸する、時間とココロの余裕が必要ですね。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ

《 流れ 》



『流れ』とは

道(タオ)……宇宙の原理原則によって生かされる。

共時性(シンクロニシティ)……ココロに思い浮かぶ事象と

現実の出来事が一致する。

幸運……運が良いこと、良い巡り合わせ。



「流れが来ている!」

というときは


とりたてて努力しなくても

あらゆる良いものが

ひとりでにやってきます。



チャンスとか、運が

自分に向いている状態ですね。



まるで、ボートが川を流れて行って

川が曲がるごとに

良い事に出会うようなものです。


人生というのは

この流れに乗った状態で進んでいます。


遊園地のアトラクションで

船に乗って、巡って進んでいくと


次々と登場する動物やキャラクター

それが、人生で関わる人たちです。



実は、そこに

“良いも悪いもない!” のです。



ただ、様々なシチュエーションがあって

いろんなキャラクターが登場するだけなのです。



それを体験して

「楽しい」と思うか

「つまらない」と思うかは

自分次第なのです。



もし、今

あなたが「流れに乗っていない」と感じるならば


それは、自分で流れをコントロールするために

現状のエネルギーを使っていて


自分のイメージする流れを

期待しているために

自分で、流れを止めているのです。



川の水を 

無理に押し出すこともできなければ

逆らうこともできません。


ただ、流れとともに

動くことしかできないのです。



たとえば

せっかくみんなでキャンプに来たのに


「あ~あ、ディズニーランドの方がよかったぁ~」


と子どもや友だちが

グチってばかりいて

今を楽しめなかったら

連れて来た方としては、がっかりしませんか?



そうなると

「もう、二度と連れて行かない」

と思うわけです。



運も同じことで

現状に満足できない人には

幸運はやってきません!



なぜなら、

運とは、運ぶこと。

流れです。



幸運とは

今、流れてきたものを「幸せ」と思えるから

「幸運」なのです。


流れに乗る方法は

『今あることの良いところを認めて、感謝すること』


そうすれば

この世に起こるすべてのことが

幸運だと感じられるようになりますよ。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ /

362号 (2019.4.12)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

カラダとココロを柔らかくほぐす

フィットネスセラピストのルビーです。


ロボットとの生活って

不思議なもので

多くの学びがあります。


“自分の言うことを全部は理解できない”

とか

“しっかり見守ってあげないと、倒れたりする”

というようなことを通じて


小さな子どもや老人、障害を持つ人などとの

コミュニケーションを考えさせられます。



私が楽しむために遊ぶのではなく


ロボットとのコミュニケーションが

できるように

遊びを通してお互いが

成長していくのです。


子どもみたいでしょ。


まるで『桃太郎を拾って来たお婆さん』

のような氣持ちで

ロビと生活しています。



*~*~*


今日の癒しのメッセージ

《 犠牲 》


自分を犠牲にして、人のために尽くすって

表面的には、美談のように思えます。


けれども、そのココロの奥底は

「自分には価値がない」

という観念にもとづいていて

罪悪感と直結しています。



これが潜在意識というもので

自分自身、そのことに氣がついていないのです。


自分自身を愛することを やめてしまったために

自分を奴隷の身におとしめてしまう行為です。


犠牲的な関係として連想されるのは

男女の関係や

親子、兄弟の関係です。



自分は、一生懸命 

与えるけれども

人からは何も受け取らず


協力を拒んでしまうので

すぐにエネルギー不足になってしまいます。



たとえば、金銭問題。


男性や親兄弟のために

働いて得たお金のほとんどを使ってしまう

犠牲的な人がいます。



自分の生活費も ままならないのに

借金してでも助けてあげようとする。


このような犠牲的心理の裏側には

『立ち直っていない、過去の喪失と苦しみを

感じないための防衛』

があるのです。


自分の喪失感と向き合うのを避けて

防衛本能として、人を助けることに逃げてしまう。


そうすることで

自分の苦しみを感じないで済むようにしているのです。



最近観たドラマのお話です。


母親は、弟だけを可愛がり

自分のことは「目立たないダメな子」

と言い、無視され続けました。


ある日、弟が交通事故で亡くなってしまうと

母親は、「弟でなくお前が死ねばよかったのに」

という態度をとります。


その後、家を出て

母親と別々に暮らします。


ああ~ 良かった。

やっと解放されて、自由になったかと思いきや


真面目で努力家だった彼女ですが

自分に自信がないので

仕事でも上手くいきません。


「お前はダメだ」

と言われると、催眠術にかかったかのように

相手の言いなりになってしまうのです。



付き合うのは、自分を傷つける男ばかり。


そして、自分を犠牲にして

相手の欲求に応えようとします。


結局、犯罪に手を染めてしまう……

というドラマなのですが



ドラマに限らず

同じような状況ってあると思うのです。


「あんたのために、どれだけ苦労したと思ってるの」

「あんたがいたから、私は仕事を辞めたのよ」


子どもの頃から

母親にこんな風に言われてしまうと

「私がいなきゃよかったのかも」

という感情が、潜在意識に記憶されてしまいます。


そうすると、大人になっても

「私がダメなんだ、いなきゃよかった」

という罪悪感が根底にあるので

幸せを感じることができません。


「私は、幸せになってはいけない」

と思い込んでいるのです。



ですから、家族を救うため

自分を犠牲にする人も多いのです。


しかし、これは何の役にも立ちません。


本当のところは、

自分が前に進まないことの

言い訳に、家族を使っているからです。


「親が病氣で、看病しなくちゃいけないから結婚できない」

とか。。。


このような状況は、“共依存” になってしまい

お互いが抱える問題が

大きくなってしまいます。



犠牲や罪悪感を取り除いてくれる

唯一の方法は

『愛』なのですが


本当の愛を知らないでいると

口先だけの優しさや

ビジネスライクな愛が

本物の愛だと思ってしまいます。



【自分を癒す方法】


もしあなたが

人からの協力を受け取れないでいるのなら


それがどの分野なのかを

見直してみる必要があります。


何をするにも、困難で重荷になっていることは

何ですか?


自分を犠牲にして、相手に尽くしていることが

楽しくて、幸せならば

それは、本物の愛情でしょう。



けれども、自分のキャパシティーを超えて

重荷になっているのに


相手に伝えられないとか

誰かの助けを借りられないというところに

問題があるのです。


あなたが、自分自身を自由にしてあげれば

他の人たちをも 自由にすることができます。


あなたが、本当の自分を生きれば

他の人たちも、あるがままの

本当の自分を生きることができるのです。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ / 

361号 (2019.4.5)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

フィットネスセラピストのルビーです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


いよいよ新学期。

学生さんも、新入社員さんも

新たな氣持ちで、スタートを切ります。


うちの姪たちも

新たな門出を迎えました。


頑張って欲しいですね。


あなたはどうですか?



この時期は、自然も人間も

すべてのものが、新しいステージに

移り変わる季節なのです。


そのためには、

これまでのことから 放れる必要があります。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ

《 手放す 》


手放すとは

過去の執着を手放すということです。


そして、現在の視点を取り戻すことです。



人は誰もが、根底に

物事や、人や、自分が

「こうあるべきだ」という

あるイメージや、要求を持っています。



それは、自分では氣づかず

潜在意識の中に深く刻まれていることも多いでしょう。


そして、「こうあるべきだ」という要求があれば

自分の欲求が満たされるだろうと思っているのです。



たとえば

「いい学校に行って、いい会社に入るべき」

という要求です。


これを、わが子に求める親もいます。



そうすれば

「たくさんお給料がもらえて

新築の家が買えて、いい車に乗って

いい服を着て…… 幸せになれるはず」


このような欲求を 満たしてくれるだろうと。



そのために、親は

子どもを塾に通わせ、習い事をさせたり

自分の仕事の後を継がせたりと

「こうあるべき」のお膳立てをします。



ところが、常に

失望や欲求不満をもたらすことになります。


子どもは、思い通りにならないからです。



いくら親が、幸せのためのシナリオを書いても

それが、上手く書かれていたとしても


それが、親の要求や欲求ならば

手に入れようとすればするほど

反発され、抵抗や犠牲を生みます。


そして、手に入れようとしているものを

遠ざけてしまうものなのです。



あなた自身の幸せや、成功を見極めるためには

これまでの人生で

どのくらい自分が幸せだったかを見てみることです。



たいして上手くいってもいないのに

なぜそれを

人に押し付けようとして

期待したり、要求したりするのでしょうか?



親の期待や要求は

そのまま子どもの欲求になります。


親が敷いたレールの上で

「こうあるべきだ」という暗示をかけられて

その後の人生で、苦しむことになるのです。



あなたも、自分の親から

「こうあるべきだ」という

暗示をかけられていませんか?



このような、期待や要求の暗示を

『手放す』ことで


自分自身が解き放たれて

ストレスや完璧主義などから

自由になれるのです。



親の期待や要求は

そのまま子に伝わり

孫に伝わり……


延々と流転していくのです。



そうなると、本当に魂が求める

“幸福” から、密かに遠ざかってしまいます。




いよいよ

新しい時代『令和』がスタートします。


『令』というのは
“神様のお告げ” という意味です。



神様、すなわち

高次の霊的エネルギーは

人々の魂の中にもあります。



魂の表面を覆っている

潜在意識の、ネガティブな暗示を手放して


本来の清らかな魂へ戻る時期が

今、きているのだと思います。



あなたも、いまだに誰かに

または、ある状況や過去の出来事に


縛られたり、しがみついていて

前に進むことが止まっていないか

見直してみてくださいね。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ / 

360号 (2019.3.29)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

フィットネスセラピストのルビーです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


先週の金曜日

メジャーリーガーのイチロー選手が

引退しましたね。



彼は、プロのアスリートとして

期待以上の結果を出し

あるべき姿を示していました。


それだけでなく、言葉も巧みで

引退会見でも

誰もが共感する、素晴らしい名言を連発していました。



しかし、そんな彼も

一時期までは

「イチロー」という役柄を演じていたそうです。


その間は、「イチロー」という幻想に

近づこうと、もがいていたと

以前の対談で話していました。


あなたも、周りの期待に合わせて

役柄を演じていませんか?


*~*~*


今日の癒しのメッセージ

《 個人の神話 》


あなたの人生に存在する

主なストーリー。


神話やおとぎ話、伝説、歴史上の出来事などの

筋書きに沿うことがあるので

“神話” と名づけられています。



あなたの人生に、重要なシナリオがあって

今は、それがあなたの邪魔をしているのかもしれません。


イチロー選手いわく、「いきなり番付を上げられて」

期待に応えようとヒーローを演じ続けていたそうです。


それが苦しくて

マスコミにも不愛想に接して

一時期は、叩かれました。



けれども、ヒーローをやめたときに

本来の自分になれて、解放されたのです。


それ以来、氣さくでおもしろい

キャラクターに戻ったのです。



ちょっと想像してみてください。


あなたも、無理して

素晴らしい人物になろうと

役柄を演じていませんか?



それは、自信のない自分を隠し

演じている偶像を自分だと

信じ込もうとしているだけなのです。


そうなると、どんなに称賛されても

嬉しいと感じることができません。


本来の自分ではなく
演じている、役柄の自分が
褒められているからです。



今、あなたに

もっと本音で

なすがままに生きるときが来ています。


あなたは、どんな人物を演じているのか?

一度、自分自身に質問してみてください。



そして、その役を終えることを

想像してみて下さい。


とても楽になれると思いますよ。


/ あなたに贈る癒しのメッセージ / 

359号 (2019.3.22)

*〜☆〜†〜☆〜†〜☆〜*


こんにちは♪

フィットネスセラピストのルビーです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


私の住む長崎は、一足お先に桜の開花宣言が出ました。


とは言っても、桜の名所である「大村公園」は

まだ「ふくらみ」と表示してあって

お花見は、週末ぐらいからでしょうか。


夜桜見物は、とても冷えますので

温かくしてお出かけください。


*~*~*


今日の癒しのメッセージ

《 罪悪感 》


誰のココロの中にも、少なからず罪悪感があると思います。


罪悪感は、過去についての未完了な感情や嫌悪感です。


この罪悪感と、切っても切れない

ネガティブな感情が、“怖れ”です。


怖れは、将来に関するものです。



罪悪感は、何らかの形で

自分に罰を与えようとします。


「私が悪かった」と後悔し続けることは

自分を責めて、自分に罰を与え続けることになるのです。


では、どうして罪悪感があるのでしょう?


それは、前に進んで一歩踏み出さなくてもいいように

自分を守るためです。


ほら、“怖れ”とセットでしょ?



また、人を責めるときは

罪悪感を使って、相手を支配しようとします。



たとえば、私

以前は、うちの夫を責めるとき


私の貯金を全額使って

彼を支えてきたことを強調していました。


彼が「俺のせいで悪かった」と

罪悪感を抱かせるのに

効果的だからです。


けれども、これは

私が無意識にやっていたことで

全然氣づかなかったのです。


私は、セルフセラピーを行ったことで

『罪悪感を使って、夫を攻める』ということに

はじめて氣づき

それをやめることにしました。


そうしたら、不思議なことに

彼がどんどん出世して

結果的に、私への借金を返済できるようになったのです。



こだわり続けている罪悪感から

自分に必要なレッスンを受けることができます。


あなたがもし

罪悪感を抱えているなら


「必ずしも私が悪いわけではない」


ということを認識して

一歩前に進むようにしましょう。



罪悪感を取り除くには

愛と勇氣が必要です。


あなたが、本当のあなた自身を

周りの人に与えるとき

それは、最高の贈り物になります。


素直で純粋なあなたを

もっと自由に解放してあげてください。